自然乾燥材を使っています。

 

自然乾燥材とは

自然乾燥材とは
 
自然乾燥材 AD材と 人工乾燥材 KD材とは
 この頃流通している木材の多くは人工乾燥材(KD材)です。
これは機械的に木材の温度を上げ内部の水分を抜く乾燥方法をとっています。
 このKD材の良さは乾燥率をかなりあげることが出来る(良く乾燥する)事です。
 そしてその反対にある乾燥材が自然乾燥材(AD材)です。
この欠点は乾燥に時間がかかる 乾燥率が低い事が挙げられます。
 
 あえて自然乾燥材を使っています
 ところで当社はあえて乾燥度が低い自然乾燥材を使っています。
その理由
① ほっておくだけですので木材の乾燥によるCO2の発生を抑える。
② 乾燥時に温度が上がりませんから 内部の防腐や色つやに有効な成分を逃がさない
③ 自然乾燥材はカンナを掛けて時 非常に色合いが美しい
 
  などなどです。
 
自然乾燥材の作り方
 自然乾燥材の作り方は非常に単純です。
製材した木材を風が通りやすいように桟木を入れて各木材の間に隙間を作ります。
 そして野積み(外に積み重ねておく)し そのまま6か月以上ほっておきます。
 雨の日にもシートを掛けるようなことはしません。
雨に濡れたら濡れたでそのままです。
 
 
そして保管
 そして乾燥が進んだら雨のかからない倉庫に保管します。
そして使う前に全面をカンナがけして使用します。
 
 乾燥の途中では濡らすのに保管では倉庫に  です。
 
 
 
会​社​所​在​地​
有限会社堂領建設
〒889-1901
宮崎県北諸県郡三股町
大字樺山1905
TEL.0986-52-4565
FAX.0986-52-3766
────────────────
428679
<<有限会社堂領建設>> 〒889-1901 宮崎県北諸県郡三股町大字樺山1905番地 TEL:0986-52-4565 FAX:0986-52-3766