≪新・昔の家≫

所在地 : 都城市 衰原町
 
新・昔の家とは
現在、多種多様の工法、仕様の住宅が提案されています。プレファブ、ユニット工法、パネル工法、高断熱高気密工法に輸入住宅等々。
また、冬は暖房、夏は冷房。機械的空調を使うことを前提にすれば、どうしても家の外と中が遮断され採光や通風が制限されてきます。
そして、そのような空調や設備は大きなエネルギーを1年中四季を通じて浪費しています。
そこで、私どもは、これらの工法、仕様を否定するのではなく、それぞれの長所を昔から日本に生き続けている木造軸組在来工法に利用しようと考えました。
四季の変化にとんだ自然の中で生活する喜びを味わえる住まいをめざしました。
住む人と地球に優しい住まい、それが 「新・昔の家」です。